住宅の売却をシチュエーション別に紹介するサイト

不動産は固有性があり、ケース別に売り方も価格も異なります。あなたに合った住宅の売却方法を提案します。

住み替え

マンションの住み替えには

投稿日:

マンションの売買を考えておられるかた、その半数近くが、同時にマンションの購入も考えておられるのではないでしょうか?

転勤になって新しい地での生活を始めるという方、親御さんの実家の近くに新しくマンションを購入したいという方、子どもが大きくなったのでそれに合わせてマンションも住み替えたいという方、目的は様々ですよね。

でもみなさんの願いは、少しでも損をせずに、賢くマンションを売買したいということではないでしょうか? それは次の新生活を始めるにあたって必要な生活資金にも繋がりますよね。 ですが不動産問題は素人にとっては難しく、手順も複雑です。

ましてやマンションの売買と購入を同時期に行い、引越しなどもそれに合わせて行う、となると考えただけで目が回りそうですよね。

そこで今回は、マンションの売買と購入を同時に考えておられる方が踏むべきステップを解説したいと思います。大まかに流れを掴むと動きやすいので、ぜひ参考にして下さいね。

参考→住み替えによる不動産売却

マンション売買&購入のために、最初のステップは??

ではマンションの売買と購入は、どちらから先に進めればよいのでしょうか??それぞれの利点と問題点を考えてみましょう。

まずはマンションの購入を先にする場合です。 住みたいマンションが先に決まり、そちらの購入手続きを進めたうえで、自分のマンションの売買契約に移る場合ですね。

こちらのメリットとしては、自分のマンションの買い手が見つかったときに急いで引越しをしなくて良いこと。

またすでに引越しをした後に内覧会を開くのであれば、自分や家族の都合に関係なく、いつでもキレイな状態の家で内覧会ができるということなどが挙げられます。 内覧会を多く開きたい、とにかくキレイにした家を見てほしい、という方には良いかもしれません。

デメリットとしては、買い手が見つからなかった場合には両方の家のローンを抱えることになってしまう、という恐ろしい点があります。

古いマンションのローンがどれほど残っているのか、現在の資産状況、また古いマンションが本当に価値があり、買い手が現れるであろう物件かどうか、などを念頭に置いて冷静に考えましょう。

新しい理想の家が見つかると、その契約を急いでしまいがちですが、それで手元のお金がゼロになるほどの負債を背負ってしまっては意味がありませんので、ご家族とよく相談しながら決定しましょう。

次にマンションの売買を先にする場合です。 古いマンションの買い手が見つかってから新しいマンションを探すケースですね。 この場合のメリットは上記のようなリスクを背負わずに済む。という点です。

デメリットとしては、買い手が見つかって家を引き渡した後にも欲しいマンションが見つからない場合に、どこか賃貸の物件を探して数ヶ月生活しなければならなるという点が挙げられます。

その場合引越し費用も倍かかってしまい、賃貸の家賃費用、敷金、礼金も合わせると大きな額になりますので、それも踏まえた上で検討しましょう。

理想的な方法は「同時進行」

いちばん理想的とされるのは、売買と購入を同時に進める方法です。 同時進行の一番のメリットは、二つのローンを抱えなくて済む、という点です。

一番スムーズに行くと、同じ日付に古いマンション売却の手続きをしてマンションを引き渡し、そして新しいマンション購入の手続きをして引渡しを受けることができます。

そうするならば、古いマンションを売却した代金がそのまま、新しいマンションの頭金となるのです。 これは一番スムーズにいった場合の話ですが、間にかかる期間が少ないほど、払う費用も少なくなります。

また、上記で述べたような賃貸の住居を探したり、そこに引っ越したりする費用も必要なくなるために大幅に費用削減することができるのです。理想的なタイミングで、賢く売買と購入を行いたいものですね。 マンションを売却することは購入することよりも数倍難しいと言われています。

これにさらにマンション購入や引渡しなども加わると、さらに難しくなります。 信頼できる不動産会社を選び、自分の希望の売却価格や、希望する新しいマンションについても相談できるならいいですよね。

できれば売却と購入、同じ不動産会社にお任せすることをおすすめします。 それにより、両方をスケジュールを合わせやすくなり、日程調整がスムーズにいくのです。

信頼できる不動産会社ならば、一番あなたのリスクが軽減される方法を親身に考えてくれることでしょう。 マンションの売却も購入も、どちらも人生にとって大きな決断ですよね。

それを一度にするのは勇気が要りますが、それこそあなたにとって一番リスクが少なく、最善の道と言えるかもしれません。 よく下調べをして信頼できる不動産屋さんにお任せして、最善のタイミングを見計らうことで、より良い新生活へのスタートを切ることができるよう願っています。

 

-住み替え

関連記事

住み替えの間に仮住まいが出来るなら売却を先に済ますべき

売却先行時のメリット、デメリット 売却が先行する(家を先に売る)場合のメリットとデメリットは以下のとおりです。 メリット 売却価格が先に決定するため、新居購入の資金計画が立てやすい 売り急ぐ必要がない …

資金計画に余裕が出てから買い替えの検討をする

自宅を売却する時に、新居を購入を前提とする場合、それを買い替えと言います。買い替えの場合の注意点ですが、特に以下の2点について気にしておく必要があります。 買い替え時の資金状況(ローン残債と売却価格) …

買い替え時における、引っ越しのタイミングの選択肢

買い替えのために住宅を売りたいという場合、気になるのが引越しのタイミングです。選択肢としては、次の3つが考えられます。 住宅が売れる前に、新しい住宅を購入し先に引っ越す 今の住宅に住みながら、売れるの …

住宅を住み替える場合の流れ

どうして住宅を売ったのか? 住宅を売却する理由を東証一部上場のNTTデータが運営する住宅一括査定サイトが査定見積もり依頼をする際の売却理由を集計した結果、住み替えが売りたい理由の中で一番多いという結果 …

売却を先にした場合、購入を先にした場合

家を売却して買い替えを検討しているという場合、重要になってくるのはタイミングです。今住んでいる家を売る時期と、新居の購入時期をどう調整していくかがポイントとなってきます。 売りを先行させるか、それとも …