住宅の売却をシチュエーション別に紹介するサイト

不動産は固有性があり、ケース別に売り方も価格も異なります。あなたに合った住宅の売却方法を提案します。

体験談

マンションを売るキッカケになった例

投稿日:2016年3月19日 更新日:

5年前に住宅を購入してから、夫と娘と3人暮らしをしていました。元々は私の実家で両親と一緒に暮らしていましたが、娘も年頃になりましたし、受験もありましたから両親とは別に住むことにしたんです。

近くに住んでいたほうがいいだろうと思いましたので、実家の近くで住宅を探したんですよ。そして、当時は2,080万円の中古住宅を買ったんです。

夫は役職のないサラリーマンで年収が560万円、私は子供も大きくなりましたのでパートに出て年収で80万円あります。世帯の収入で640万円でしたけど、頑張って貯めた貯金の中から、頭金を850万円出して、残りの1,230万円は20年ローンにしていたんです。

娘は大学に進学したいと言っていましたので、進学費用も考えると、頭金で850万円がやっとでしたね。20歳になる娘は、2年前に大学に進学しましたので、夫と2人でノンビリ生活していました。

娘の受験でピリピリした生活もしていましたので、しばらくゆっくり出来るかな?なんて思ってたんですけど。しばらくしてから私の父が認知症になって介護が必要になってしまいました。

年齢的にも母が1人で父の介護をするのは難しいですし、1日中、支えが必要になるので、数時間だけ一緒にいればいいというものではなくなりました。

要介護認定1なのですが、理解度が悪くなったり、歩くのにも介助をしなくてはいけないんです。デイサービスっていうのを使っても、朝8時頃に迎えに来てくれて5時頃まで預かってくれるだけなので、その他の時間も放っておけません。

しかも、毎日利用できるのではなくて、週に2回程度しか通えないんです。多少は費用の負担もあって、私たち夫婦からも出来れば用立てたほうがいいのかなという感じですね。

私だけ両親と一緒に住むと、夫が住宅にいて1人で暮らすことになってしまいます。いくら近所でも、ちょっと寂しいですよね。

そういうことで、夫とも良く話し合いましたけど、「もう一度、ご両親と一緒に暮らしても構わないよ。」と言ってくれたので、同居をすることに決めたんです。

ここで困ったのは、今の住宅をどうしよう?ということです。まだ、住宅ローンも15年は残っていますし、簡単に処分できるものではありません。

比較的、築浅で購入した中古住宅なので、「これなら売れるのかな?」とは思ったんですけどね。いろいろと友だちに話しを聞いてみると、売るという人と貸すという人に分かれるようです。ここから、住宅をどうしていくのかが始まったんです。

-体験談