住宅の売却をシチュエーション別に紹介するサイト

不動産は固有性があり、ケース別に売り方も価格も異なります。あなたに合った住宅の売却方法を提案します。

住宅ローン

住宅ローンが多すぎると住宅を売れないので、任意売却を考える

投稿日:2016年2月17日 更新日:

住宅ローンが残っている場合でも家などの不動産を売ることは可能です。家を買い替える人の多くは、住宅ローンの返済中に買い替えています。しかし、基本的には売却された時に住宅ローンを全額返済しなければいけません。

そのため、家を売却した時の代金を使って一括返済するか、売却した時の代金では足りない場合手持ち金をプラスして一括返済となるケースが多くなっています。

手持ち金は金銭的に余裕があればいいのですが、不足している金額が数千万ともなると、すぐに返済するというのは現実的にも厳しいものになってしまいます。しかも、建物の値段はどんどん下がり続けるので、例えば築20年以上になる木造の建物では査定額が0円になってしまう場合もあるのです。

それではどのようにすれば売ることが出来るのでしょうか?

無理のない返済

住宅ローンを返済する方法として、任意売却という方法があります。任意売却というのは、債権者である借入先の金融機関に同意をもらい、住宅ローンが残っている家を売ることが出来る方法です。しかし、任意売却によって住宅ローンが全て無くなるのかと言われれば、そうではありません。

任意売却の場合、まず債務者の保証会社や債権回収会社が銀行や信用金庫などのローン債権者へ残っている住宅ローン分の金額を支払います。これを代位弁済と言うのですが、債務者は支払ってもらった分を保証会社や債権回収会社へ返済していかなければいけません。

しかし、一括返済しなければいけなかったローンを月に1万や2万円など、自分の収入に合わせて無理なく返済していくことが出来るのです。

さらに、残っている債務は無担保のものになるので、支払いが厳しくなってしまった際もしつこい取り立てなどはなく、債権者側と支払い条件の見直しをして完済できるように柔軟に対応してくれるのです。

また、債権者の生活や収入、資産などを考慮した上で、ローンの支払いを減額してもらえる可能性があります。何故なら債権者である保証会社や債権回収会社は、より多くの額を回収しなければいけないのですが、債務者の収入などによっては踏み倒れてしまう可能性があり、いつ支払いが完了するか分からないものをいつまでも追えないからです。

しかし、あくまでも債権者側が債務者の生活状況などを判断して減額するかどうかを決めるので、債務者側が減額してほしいという要望は通らないと考えておいた方が良いでしょう。

詳しくはこちら→住宅ローンが残る家の売却

-住宅ローン

関連記事

住宅ローンの残りを確認してから、住宅の査定価格を知る

多くの方がマイホームを購入する際には住宅ローンを組むことになるかと思いますが、子供が大きくなって家を出たり勤務先が変わったりなどライフスタイルの変化により家を買い替えたくなることも出てくるかと思います …

住宅ローンを返済中の住宅売却は諸費用を含めてシミュレーション

いま住んでいる住宅の住宅ローン、まだ返済途中だけど売却したい。いろいろな事情で、そういう状況になることもあると思います。 そんな時にまず頭をよぎるのは住宅ローンが残っていても、住宅って売却できるの!? …

不動産会社選びで、何とか住宅ローンの残債以上で売る道を探す

事情があって住宅を売却したいのだけど、住宅ローンの残債をどうするべきか、そんなお悩みはよくあるかと思います。ここでは住宅売却の価格と住宅ローン残債の差を場合分けして、具体的に取るべき方法を解説したいと …

住宅ローンが残っている住宅を売れるかは査定額次第

ローンが残っている住宅は、売却できる 住宅を売りたい、と言う方の理由は人様々ですよね。買い換えたい、遠方に引っ越すなどなど新しい生活が待っている方もいます。 また中にはローン返済が苦しいので住宅売却を …

住宅ローンが払えないなら銀行と話し合って競売を避ける

念願のマイホームとして住宅を購入したけれど、病気・リストラ・収入減・離婚あるいは相続といった事情により、住宅ローンが払えない、あるいは払えない状況になりそうという場合、どうすれば良いでしょうか? 参考 …