住宅の売却をシチュエーション別に紹介するサイト

不動産は固有性があり、ケース別に売り方も価格も異なります。あなたに合った住宅の売却方法を提案します。

売却

不動産会社と一緒に住宅を売るが、決して味方ではない

投稿日:2016年2月4日 更新日:

なぜ住宅を売る人はだまされる

家を売るので住宅屋を選ぶとかリフォームしたいので工務店を選ぶと聞いてどんなことをイメージしますか?なんかだまされそう…とか誠実な会社を選びたいけど、どうやって見分けるの?という印象がないですか?

そうなんです。住宅を適正な価格で早く売るのって、けっこう難易度が高いんです。スーパーやコンビニで買い物をするのと違い、住宅売買ではまずこの住宅屋は悪質じゃないかな?という見極めからスタートしなくてはいけません。

住宅売買では業者(住宅屋)のほうがお客さん(売主)より圧倒的にたくさんの情報を持っています。住宅屋にこの土地は坪単価○○万円ですとかここは売れにくいエリアですと言われても、売主には根拠がわからないのです。

こういう状況では、情報優位者(住宅屋)が劣位者(売主)の無知につけこむということが起こります。実際、住宅業界では売主の利益を損ねてでも儲けを取る悪しき商慣習があります。

大手だからといって安心はできません。ノルマがきつい会社ほど、営業マンが売主の利益を考えずに儲けに走ります。そして、売主は営業マンにいいように利用されても、知識不足なのでまったく気が付かないのです。

住宅売却で成功するコツ

住宅売却を成功させるコツは3つあります。

1つめは相場を知ることです。あなたの家がどれぐらいで売れそうか調べておきましょう。調べ方は、そんなに難しくありません。何回かやれば、相場勘とちょっとした住宅知識が身に付きますのでおすすめです。

たとえば、こんな方法があります。

  • 家を売る人が自宅でカンタンに住宅の売却相場を調べる方法
  • 査定額でも売出価格でもないリアルな住宅売却価格の調べ方
  • 町内の家が売りに出ていたら売却相場を調べるチャンスです
  • 住宅チラシで家の売却相場を調べる方法&詐欺広告の注意点
  • 公的な住宅評価方法を利用した土地の売却相場の調べ方
  • 住宅査定の必勝法(家の相場チェックと一括査定のコツ)

2つめは早く高く売る方法を知ることです。何もしないよりは、少しでも努力した方が早く高く売れます。これは、あなたの家の状況によってやるべきことが変わってきます。なので、力量ある住宅屋のアドバイスが欠かせません。

たとえば、こんな記事が参考になるのではないでしょうか。

  • 自宅を少しでも高く早く売却するには何をすればいいか?
  • 住宅が早く売れるのは古家付き?解体して更地状態?
  • 家を売るならリフォームしてから査定した方がいい?
  • 住宅内見の対策!まずは水まわりの掃除から
  • 住宅ローンを滞納したら競売より任意売却が有利な理由

3つめは力量ある住宅屋をみつけることです。住宅の売却では、住宅屋営業マンの力量に頼るところが大きいです。大事にしたいことは経験、知識、売却ノウハウ、誠実さなどですが、これからはインターネットに強いというのも条件になってくると思います。

中古住宅を探している人は、ネットの情報サイトを見まくっています。そういうところに効果的な写真や売り文句を載せられると、購入希望者がスムーズに見つかります。

最初から1社に絞り込んで相談するのはおすすめできません。できれば3社以上に声をかけ、営業マンを比較して媒介契約する相手を決めるほうが良いです。

家を売るならネット査定が便利

家を売るとき、普通は住宅屋を探して相談に行きますよね。でも、私は断然インターネットを使った査定相談をおすすめします。

ネット査定サービスのメリット

  1. 店頭に行って査定申し込みするよりカンタンで、しかも無料
  2. 自分で住宅屋を探し回らなくても1度に1社~6社程度に相談できる
  3. サービス運営会社が住宅屋を審査・選別しているので安心感がある

この方法なら、サービス会社を介して複数の住宅屋を比べられるのでだまされにくいです。

-売却

関連記事

任意売却は銀行か任意売却専門組織に相談して決める

住宅ローンを支払えず、やむを得ず自宅の売却をお考えの場合、一般の不動産会社でなく、専門機関に相談することをおすすめします。マンションなどの投資物件のローンが支払えなくなって売却したいという場合も同じで …

よっぽどの事情がなければ、広告を使って大々的に売りたい住宅を宣伝する

近隣に内緒で売却したい 不動産広告に掲載しないで欲しい 住宅売却時に、少なからずある要望です。売主にも、さまざまな事情があり、ご近所の噂になりたくないという気持ちもわかります。ですが、もしあなたが少し …

欠点より、自分の住宅の魅力をアピールして売る

どんな住宅にも、長所と短所があります。立地条件も間取りも良い理想的な住宅であっても、買主から見れば価格が高いことがデメリットに感じるかもしれません。 一方、立地や間取りに少々難があったとしても、コスト …

売買契約書の作成前に、手付金と住宅ローン特約を確認

条件が整い、いよいよ売買契約を結ぶという段取りになったら、不動産屋が売買契約書を作成します。これは、宅地建物取引業法の契約書に記載すべき事項に沿った内容で作成されますので、不動産屋によって大きく違うと …