住宅の売却をシチュエーション別に紹介するサイト

不動産は固有性があり、ケース別に売り方も価格も異なります。あなたに合った住宅の売却方法を提案します。

住み替え

定年を迎える前に住み替えるのがベスト

投稿日:2016年2月13日 更新日:

子どもたちが独り立ちして部屋が余っているし、階段の上がり降りが辛くなり二階建ては使いづらいと、定年後に住み替えを考える方が多いものです。

しかし、これは、税金の面で損する場合があります。自宅を売却すると、地価の下落などのため、譲渡損失が発生するケースが少なくありません。

そんなとき、給与所得など他の所得にかかる所得税を軽減できる特例がありますが、この特例は、退職後よりも現役時代に使う方が有利です。

住み替えると節税効果が高い

定年後、いま住んでいる一戸建てを売ってマンションへ移り住むことを考えはじめたケースで見てみましょう。

20年前にマイホームを購入しました。現在の相場で売ると、2,800万円の譲渡損失が生じる見通しです。こういう場合に使えるのが、損益通算と繰越控除です。

自宅を売却して譲渡損失が生じたとき、一定の要件を満たせば、給与所得など他の所得から損失額を控除できます。売った年に控除しきれない額については、翌年以降3年間は同様の控除が可能です。

通常、不動産売却で譲渡損が出ても、給与所得など他の所得から控除することはできませんが、居住用財産(自宅)の売却で譲渡損が出た場合は、他の所得からの控除が特例で認められています。

定年前、年間給与所得が700万円ありました。もし、そのころに売っていたら、売却価格が現在と同じとすれば、その年は譲渡損失の損益通算で所得税はゼロになります。譲渡損失は、まだ2,100万円残っているので翌年以降3年間にわたり繰越控除が認められます。

つまり自宅を売却した年も含めて4年間、給与所得にかかる所得税がゼロになるのです。なお、この特例の適用を受けるには、譲渡資産の所有期間が5年超で、買換資産に10年以上のローンがあることなどが条件です。

マイホームを購入したのは20年前。買い換えるマンションの購入にローンを組む予定なので、条件を満たします。しかし、退職後は、譲渡損失を控除できる所得はわずかです給与が高かった現役時代に買い換えすればよかったと後悔します。

住み替えはおトク

自宅を売却して譲渡損失が発生するようなら、退職後でなく現役時代に、つまり給与所得が高い時期に売却して譲渡損失の損益通算および繰越控除の特例を使う方が、特例の効果が大きいのです。

また都心部を除き、地価は下落傾向にあります。もし、買い換え・住み替えの予定があるのなら、早めに決断するのが良いかもしれません。

-住み替え

関連記事

住宅の買い替えは、売却も購入も同時進行させることが成功の秘訣

住宅の買い替え 住宅の売買を考えておられるかた、その半数近くが、同時に住宅の購入も考えておられるのではないでしょうか? 転勤になって新しい地での生活を始めるという方、親御さんの実家の近くに新しく住宅を …

売却よりも住み替え先の住宅購入を優先させた場合の注意点

購入が先行する場合の買い替えのメリット、デメリットについてのポイントと注意点を説明します。基本的には売却先行型と逆のメリットデメリットがあると思っておけばいいです。 メリットとデメリット 購入が先行す …

資金計画に余裕が出てから買い替えの検討をする

自宅を売却する時に、新居を購入を前提とする場合、それを買い替えと言います。買い替えの場合の注意点ですが、特に以下の2点について気にしておく必要があります。 買い替え時の資金状況(ローン残債と売却価格) …

住み替えの間に仮住まいが出来るなら売却を先に済ますべき

売却先行時のメリット、デメリット 売却が先行する(家を先に売る)場合のメリットとデメリットは以下のとおりです。 メリット 売却価格が先に決定するため、新居購入の資金計画が立てやすい 売り急ぐ必要がない …

買い替え時における、引っ越しのタイミングの選択肢

買い替えのために住宅を売りたいという場合、気になるのが引越しのタイミングです。選択肢としては、次の3つが考えられます。 住宅が売れる前に、新しい住宅を購入し先に引っ越す 今の住宅に住みながら、売れるの …