住宅の売却をシチュエーション別に紹介するサイト

不動産は固有性があり、ケース別に売り方も価格も異なります。あなたに合った住宅の売却方法を提案します。

相続

田舎の親の家を売るか貸すか~実家(空き家など)を売却処分・整理するには?

投稿日:2015年12月12日 更新日:

田舎にある親の家を売るのか?貸すのか?など、両親が高齢になってくると、実家をどうするか?については考えておかなければいけません。

相続時であったり、自分が後々住もうと考えていたりなど、今後について売る(売却処分する)のか維持するか等考えておかないといざとなった時にすぐに動けません。

実家近くに住んでいれば別ですが、仕事の関係もあり地元を離れている方も多いでしょう。そんな場合、両親の家ってみなさんどうしてるんでしょうか?

田舎の家

両親の家をどうするかについては自分だけの意見で決められない場合もありますが、どんな方法があるかと言うと

  • 親の家を売る(実家を売却処分する)
  • 田舎の実家を賃貸で貸す
  • 空き家を管理できないので更地にする
  • 更地にしたのち、土地活用を考える
  • そのまま空き家にしておく

田舎の親の家を売る(実家を売却処分する)売るという選択は当然考えられますね!両親が亡くなった際に兄弟などで話しをする事になるかと思いますが、もし管理ができない場合はそのままにしておく事は難しいですし、お金に変えた方がいい!という話しも良く聞きます。

自分が育ってきた家の為、売却する事に踏み切れない思い、寂しい気持ちもあるでしょうし、今後自分が定年を迎えリタイア後に住みたいと考える人もいるでしょうが、今後の維持管理、固定資産税の事、相続の場合は相続税の事などよく考えた上で残すか売却するかを決める必要があります。

ちなみに相続税は相続の開始があったのを知った日から10ヶ月以内に納税しなければいけません。注意が必要です。売るとなった場合は当然、なるべく高く売りたいと思いますので、まずは親の家がいくらで売れるのか?を調べる必要があります。

家の査定

最近では、あらかじめ親の家を査定しておく人も多くなっています。親と話をしておくことで、後でトラブルになりにくい意味もありますし、今すぐ売却でない場合も、今後の事を考えて査定のみ依頼しておくケースがあったりします。

親が高齢になり家に住めなくなり施設での生活になる等の理由で家を売る検討をする方もいます。同じ空間で暮らしていれば問題ありませんが、離れた地域に住んでいる場合は売却の選択もあるはずです。

両親自体が売却を考える事もありますが、田舎では特に知り合いに頼む傾向があったりします。ただ、場合によっては安く売却する事になってしまうので、候補の一つとしては良いですが、まずは複数業者に査定は依頼しておくべきです。

家を相続した場合、税金がかかり現金での納税が必要となります。相続する側(子供)の負担を減らす為に、売却して現金として資産を残そうと考える人も、まずは家を売った場合いくらいになるのか?査定をしておくべきです。

もしかしたらそのうち住む可能性もある場合は賃貸として利用するのも方法の一つです。これは、物件の場所によっても異なると思います。田舎といっても都心部からすぐいける場所なのかによって変わりますよね?

利便性が良い場合は賃貸も良いかと思いますし、近所の知り合いが借りたいと言っている場合などはその方向性もありですね。不便な場所にある場合はなかなか賃貸需要がないかもしれないので、知人などに紹介してもらうなどしないと見つかりずかいかもしれませんが、探せば意外と見つからないわけではないと思います。

私自身が最寄駅から車で40分の一軒家を賃貸していた経験があるからです。地方・田舎だからと言って需要がないとは限りません。車社会であれば尚更ですね。

実家を解体して更地にする更地にしてしまった方が、古くなって家の倒壊の危険性もなく、近所の方に迷惑がかかることもなくなるので良いと考えますが、更地にする事でのデメリットもあります。

  • 空き家を解体すると固定資産税が高くなる
  • 売ろうとした場合に売りにくくなる可能性がある

固定資産税が高くなる

実は建物がある土地の場合は住宅用地として固定資産税が軽減されるという特例措置があるのですが、家を解体して更地にしてしまうと、住宅用地ではなく非住宅用地とみなされてしまい、特例が受けられなくなります。

という事は固定資産税が通常の金額に戻る事になるので、実質上がってしまうということです。空き家が増えている原因はこの固定資産税が上がってしまうことも原因の一つで、空き家を解体してしまうと実質固定資産税が上がるため、更地にせずにそのまま残しておくんです。

売りにくくなる可能性

更地にする事で売りにくい場合もあります。それは、幅が4メートル以上の道路に接していないと建築基準法上、家を建てられないなど、土地によって建物を建てられない場合があるからです。詳しくはまた書きますが、家を建てられない土地をわざわざ買わないですよね?当然売りずらいわけです。

その為、更地にせずに家を残して売却する方が賢い選択だと言われています。親の家を更地にし、土地活用を考える更地にすると固定資産税が高くなるので、解体せずに残しておく方法も考えられますが、倒壊の危険性がある場合、特定空き家に指定されると自治体に強制対処される可能性もあります。

その為、固定資産税は高くなりますが、場所によっては土地活用する方法も考えてみても良いかもしれません。

使う予定があってそのままにしている場合は問題ないかと思いますが、 固定資産税の為に放置するのであれば、気をつけておかないとデメリットもあります。

特定空き家に認定される

行政もこれだけ空き家が問題になってきて放置するわけにも行かないので、対策をしています。

空き家対策特別措置法が2015.2.26に施行されたため、建物があったとしても特定空き家といって、そのまま放置すれば倒壊等著しく保安上危険となるおそれのある状態又は著しく衛生上有害となるおそれのある状態、適切な管理が行われていないことにより著しく景観を損なっている状態、その他周辺の生活環境の保全を図るために放置することが不適切である状態国土交通省特定空家等に対する措置に関するガイドラインに認定されると、強制的に行政が撤去する権限が付与されたりします。

当然、先程言ったように固定資産税の軽減特例もなくなります。

空き家が問題に

すぐ近くに住んでいたり、比較的行きやすい距離に実家がある場合はまだ対処しようがありますが、そうではなく、すぐには帰れない遠方に家がある場合、頻繁に帰る事は困難ですね。

放置した結果、人が住んでいないので痛みやすく、年月がたてば倒壊の危険性もあります。当然、近所の方に迷惑をかけたり、誰も住んでいない事がわかれば、犯罪に利用されるケースも考えられますので防犯など維持・管理が必要になってきます。

そのままにしておく選択をする事自体は間違っているとは言いませんが、固定資産税の事、解体費用の事を考えて放置したままの人が多いのも事実です。上で空き家対策特別措置法の施行もあり、そのままにしておく事はできませんので、どうするかについては計画性をもって考えておかなけければいけません。

実家に住む予定

すぐに決断するのは難しいはずです。当然、長年住んだ思い入れのある家ですので、売るといっても簡単に決断はできませんね。ただし、そのまま維持するにしてもお金がかかるので、その辺は計算しておかないと、これまでなかった出費が重くのしかかってきます。

また何も知らずに危ないからと言って解体しても固定資産税が上がります。もちろん多額の解体費用もかかります。どの方法が一番良いかは所有している不動産にもよりますが、まずは自分達が今後住む予定があるのかを考えて決めると良いかと思います。

とても判断が難しい問題ですが、選択は残すのか、売るかしかありません。今後住む予定があれば、お金をかけて維持する方向ですし、 もしすでに持家があり住む予定等がないと判断すれば、売る事を考えた方が良いでしょう。

どちらにしてもすぐに決断は難しいと思うので、売る売らないは別にして不動産業者に相談したり、自分で情報収集するなどしてみると良いでしょう。また、売るにしてもいくらぐらいで売れるかはその時の相場にもよりますので、一括査定などを利用すると簡単です。

-相続