住宅の売却をシチュエーション別に紹介するサイト

不動産は固有性があり、ケース別に売り方も価格も異なります。あなたに合った住宅の売却方法を提案します。

住み替え

住宅を住み替える場合の流れ

投稿日:2016年5月25日 更新日:

どうして住宅を売ったのか?

住宅を売却する理由を東証一部上場のNTTデータが運営する住宅一括査定サイトが査定見積もり依頼をする際の売却理由を集計した結果、住み替えが売りたい理由の中で一番多いという結果がでています。

住宅の住み替えを考える時

  • 子供の成長に合わせて住み替え
  • もっと駅が近いところに買い替え
  • もっと広い家に住みたい
  • 子供が独立
  • 老後の住まいの為、ダウンサイジング
  • 両親の事を考え近居に住む

住み替えを今後するかもしれない!と考えた上で住宅購入した人もいるでしょうが、ほとんどの方が一生に一回きりの買物と思い購入するので、環境が変われば不満も当然でてきます。

住み替えは上記のようなライフスタイル・環境の変化に合わせて不満などが改善できるメリットがありますが、いざマイホーム(住宅)を売却を考えると本当に絶対売れるの?ローンは?など、お金に関する不安は売却が成功し住み替えが完了するまで拭えません。

住宅売却での住み替えの不安

当然、お金の面も関係してくるので、住み替えに不安はついてまわります。

  • 住み替え後に生活苦になってしまわないか心配
  • 住宅の売却がうまくいかないと買い替えできないので心配
  • 売却しやすくする為に、賃貸で仮住まい生活。でもこれっていつまで?

住み替え後に生活苦になってしまわないか心配住み替えした後も、ローン返済はあるし、生活が苦しくならないか心配・不安になります。現状では大丈夫と考えて住み替えしても、今後の環境・状況に変化があった場合の事を考えると不安になるものです。

住宅の売却がうまくいかないと買い替えできないので心配住み替え時に大半の方が不安になるのが住宅の売却がうまくいかないと買い替えが出来ない事。これはローンを完済して抵当権を外さないと売却できず、次の新居への住み替えが難しくなります。

すでにローンを完済!、貯蓄があるなど、売主の状況でも変わってきますが、多くの方が心配・不安になる事です。売却しやすくする為に、賃貸で仮住まい生活。でもこれっていつまで?売却と購入を同時進行ですすめている時に、売却しやすくする為に、一定期間と考えて賃貸に仮住まいする方がいます。

ただし、購入するよりも売却の方が難しく、なかなか売れずに、賃貸生活が続くとその分、賃料がかかります。いくらかかるかわからない為、不安になります。上記で挙げた不安だけでなく、不安に思う事は多くありますが、どのようにしたら不安を少なくできるか?

多くの場合、まだ住み替えする前に不安と感じる部分ですので、やり方次第では不安解消はできると思います。どうなるかが見えないので不安なだけで、いざ住み替えしたら不安に感じない可能性もありますが、もし不安が現実になったら後戻りできません。解消できる事はすべて解決した方が絶対に良いはずです。

住み替えの不安を解消し住宅売却を成功する秘訣

まず住み替えで購入する物件規模を把握するそもそも住み替えでお金の不安を考える前に、どの住宅規模なら購入できるのか把握することからスタートする事をお勧めします。どうしてかと言うと、物件の規模については上を探すとキリがありませんよね。

その為、自分が買える規模を知るために、査定を利用して所有物件がどれくらいで売れる物件なのかを知ることで、購入規模をわかった上で住み替えする物件の判断ができます。

購入規模を把握する為に、早めに住宅を査定しておく売却する住宅はなるべく高く売る当たり前の事ですが、なるべく高く売却!少しでも高い価格で売却すれば、ローンの負担も減り、余裕ができて、不安は小さくなるはずです。

売却で百万円以上損している人が意外と多く、業者の手の上で転がされている印象です。仲介業者については仲介手数料の記事でも言いましたが、業者は売れないと報酬を貰えないので、売り易いように相場付近の価格や相場よりも少し安く調整しがちです。

結果、相場近くでの取引が多くなるのですが、よーーく考えてください。複数の不動産屋に査定のお願いをすると査定額がそれぞれ異なります。同じデータをもとに査定しますがプラスして独自の査定基準を入れるので異なった結果が出ます。

この時点でどの業者の査定見積もり額でも同じなら納得できますが、査定額が異なるのに、同じような価格での取引額になるのはちょっとおかしいですよね?これは他の業者も同じように、最終的な着地点として相場価格付近での取引をしようとしているからです。

その方が売り易いからですね。一つ言える事は、相場付近で売ろうという思考の元で販促活動をし、高く売ろうとは考えてないと言う事。高く売れるように活動していないのに、高値で売れるはずがありません。

高値売却の為にどうするか考えてくれる業者(信頼・信用できる)を選ぶ必要があります。

不安解消の為になるべく高く売る為には、高値で売る戦略を持つ業者を選ぶ売却と購入で同じ不動産屋を利用して住宅を売る売却と購入とで同じ不動産屋を利用するのも方法の一つ!

売却しないと購入が無理な場合も多く、そうなると 購入予定の業者に売却の仲介を依頼することで売れ易くなります。売らないと購入の話しもなくなると思えば、 どうにかして買主を探し売却しようと考えます。

住み替えの相談にも親身に乗ってくれるはずなので、 そういった意味では利用しても良いでしょう。ただし、住み替えの経験が豊富な業者を選ばないと、高く売れない可能性があり事も頭の片隅に。

思っている以上に売却は大変

住み替えですので、購入する場合は自分の納得できる物件を見つければ良いのですが、それでも売却金額次第で購入したい物件が買える、買えないについて考えなければいけません。

その為、購入できる物件規模を知るためにも一括査定を利用するなどして、売却物件の相場を確認すべきです。不安・心配事もありますが、準備が出来ていれば、売却額を基準にし、購入する物件も身の丈にあった物を選べます。

お金の不安は無理をして購入した時が多いように感じます。一概には言えませんが、一人ではなく家族がいる方の場合は尚更、考えておかないといけない事ですね。

-住み替え

関連記事

定年を迎える前に住み替えるのがベスト

子どもたちが独り立ちして部屋が余っているし、階段の上がり降りが辛くなり二階建ては使いづらいと、定年後に住み替えを考える方が多いものです。 しかし、これは、税金の面で損する場合があります。自宅を売却する …

売却を先にした場合、購入を先にした場合

家を売却して買い替えを検討しているという場合、重要になってくるのはタイミングです。今住んでいる家を売る時期と、新居の購入時期をどう調整していくかがポイントとなってきます。 売りを先行させるか、それとも …

住み替えの間に仮住まいが出来るなら売却を先に済ますべき

売却先行時のメリット、デメリット 売却が先行する(家を先に売る)場合のメリットとデメリットは以下のとおりです。 メリット 売却価格が先に決定するため、新居購入の資金計画が立てやすい 売り急ぐ必要がない …

マンションの住み替えには

マンションの売買を考えておられるかた、その半数近くが、同時にマンションの購入も考えておられるのではないでしょうか? 転勤になって新しい地での生活を始めるという方、親御さんの実家の近くに新しくマンション …

住宅の買い替えは、売却も購入も同時進行させることが成功の秘訣

住宅の買い替え 住宅の売買を考えておられるかた、その半数近くが、同時に住宅の購入も考えておられるのではないでしょうか? 転勤になって新しい地での生活を始めるという方、親御さんの実家の近くに新しく住宅を …